「メディア」という言葉に対してどのような印象をお持ちでしょうか?「メディア」という語句は「Twitter」や「Gmail」などの設定などでよく見かけ、ユーザーの知識や能力が問われるものと考えた方が賢明です。今の時代はインターネット上でのWebメディアと関わる機会が多くあるので、メディアに対しての向き合い方を見直すきっかけになればと思います。
メディアを扱いこなす能力をメディアリテラシーと呼ばれています。能力全般の構造を見るならばメディアはインターネットだけでなく、広告としての紙媒体が印刷された際にも用いられます。電子機器の活用とメディアリテラシーの能力は別物として考えてた方が良いかもしれません。

Webメディアの利点は進化し続けられる点にあります。メディアにおいて技術的な活用方法は未知であり、幅広いものとして考えても良いでしょう。その状況下で運用する上での考え方、客層のニーズなど要点を絞りながら必要な技術のポイントを押さえていくのがイメージです。
Webメディアの活用は組織や集団という枠がなく、現代人に対して対等に与えられています。ですので誰もが情報発信の術を得ているので、「個性」が出たり「悪用」されてりと人間らしさを感じる面があるのが魅力の一つとも言えます。既にメディアという言葉は人と人が繋がる場所であり、プラットフォームという大きな世界として展開されていると見るべきかもしれません。

それと同時にWebメディアとは自分の活動をアピールする手段にも見て取れます。伝えるべき媒体をどう理解し、どう広げるかが問われているのです。Webメディアを活用する上での過程には「物事の本質と向き合う」というきっかけが生まれる機会にもなるわけです。外側への広報活動を意識しつつも意外な物事と内的に向き合うことから内気な人や控えめな人にとっては向いている仕事なのかもしれません。Webメディアは電子機器が苦手な人でも関わりを持てるツールでもあります。気軽な気持ちで利用してみてはいかがでしょうか。